夜間対応可能!広島市東区の動物病院・トリミング・ペットホテル

院長常駐の安心して預けられるペットクリニック

konomi動物病院ロゴ

  • konomi動物病院電話番号
HOME >  症例紹介 >  犬の心タンポナーデ

犬の心タンポナーデ

病態

心タンポナーデは心膜と心筋の間に液体が貯留した状態をさします。液体が溜まることで心筋の活動が十分にできなくなり、動きが悪くなる、いわゆる運動不耐性になったり、食欲不振などの症状がでてきます。犬の心タンポナーデの場合、多くは腫瘍性疾患による出血が考えられます。

原因

多くの場合は腫瘍性疾患ですが、特に血管肉腫と呼ばれる悪性腫瘍の可能性が考えれます。ほかに交通事故など外傷によるものや心膜炎などが候補として挙げられます。

診断

心タンポナーデの診断はレントゲン検査および超音波検査により確定することができます。胸水貯留と心嚢水貯留(心タンポナーデ)では大きく治療方針が変わりますので、慎重に見極める必要があります。
心タンポナーデを発見した場合、早急に心嚢水を抜去する必要があります。貯留量にもよりますが、多くの場合、無麻酔下で穿刺にて抜くことが可能です。
大切なことは抜いた心嚢水を顕微鏡にて観察することです。腫瘍性の有無の判定に大きく役立ちます。

治療

大切なことは心嚢水を抜くことです。穿刺にて心嚢水を抜いた場合、たいていは出血性の赤い液体を確認できます。
赤い液体の採材は腫瘍性疾患を強く疑わせます。ただし、心臓原発の腫瘍に関して、摘出手術が非常に困難なため、心嚢水を抜くことは根本的な治療にはなりません。
貯留する液体の量や経過により、必要に応じて心膜切除を実施する必要があります。
心膜切除により心嚢水が貯留することがなくなり、心臓の動きが抑制されることがなくなります。
負担の大きな手術ですが、定期的な穿刺治療からは解放される可能性があります。

予後

腫瘍性疾患が多い分、経過はあまり良くないことが予想されます。心タンポナーデを発見したときは、あまり長くないかもしれないということをお伝えするようにしています。

^