夜間対応可能!広島市東区の動物病院・トリミング・ペットホテル

院長常駐の安心して預けられるペットクリニック

広島市東区のkonomi動物病院

  • ■電話番号:082-516-8030■診療日:日曜日~金曜日(火曜日午後、土曜日休診)■診療時間:午前9時~12時半/午後16時~19時30分
MENU
HOME >  症例紹介 >  犬の橈尺骨骨折(骨プレートによる整復)

犬の橈尺骨骨折(骨プレートによる整復)

原因

骨折の原因はほとんどが外負荷によるものです。高いところから飛び降りたり、交通事故だったりですね。
近年はトイプードルの飼育率が増えたこともあり、橈尺骨の骨折が多くなりました。橈尺骨というのは前足の骨ですね。
トイプードルは毛が抜けにくく、頭も良いことから飼いやすいペットではありますが、骨が細く弱いのが弱点でもあります。

治療

骨折症例に対し、当院では主に骨プレートを用いた治療を実施しています。
骨プレートにもいろいろありますが、プレートが折れたり外れたりしないようにできるだけ頑丈なものを使うようにしています。

骨が小さかったり、経済的な理由でプレートの装着が困難な場合は、副木固定を行うこともあります。
動物はよく動き、包帯やギプスをとってしまいがちなので、副木はあまりオススメしてはいませんが、使うことはありますね。

手術中の様子
骨折のラインをよく確認して、できるだけもとの形になるようにイメージします。

治療前のレントゲン
骨折ラインが大幅にずれていると副木治療も困難になります。
骨プレートによる治療が最適ですね

治療後のレントゲン
うまく整復ができました。
あとはできるだけ安静にしておくことです。安静にさせるよう管理することが一番難しかったりもします。

経過

うまく整復できれば骨折はおおよそ2か月で完治します。
当院では年齢や持病、運動性を考慮しながら、手術してから約半年以降にプレートをとることがあります。
異物ではありますので、できるだけプレートは外してあげるべきだと考えていますが、ケースバイケースですね。

^