犬・猫の門脈体循環シャント|犬猫の治療なら広島市konomi動物病院

犬・猫の門脈体循環シャント|犬猫の治療なら広島市konomi動物病院

犬・猫の門脈体循環シャント

門脈体循環シャントとは

通常血液は腸管をスタートとした場合、腸間膜静脈→門脈→肝臓→心臓へとつながります。食べ物の栄養を腸から吸収して、肝臓へと送り届け、肝臓で解毒を行い、体にとって有用な栄養素へとつくりかえられます。この解毒という処置が非常に重要で、食べ物を吸収して血液に溶け込んだ、そのままの栄養では体にとって弊害がでることがあります。

門脈体循環シャントではこの経路のどこかに問題が生じて、腸から吸収した栄養が肝臓で完全に解毒されずに、心臓にたどり着いてしまうことにより成長や体調に異変があらわれます。多くの場合は生まれつき(先天性)であり、成長とともに症状があらわれることがあります。

症状

門脈体循環シャントでは状態によりさまざまな症状があらわれることがあります。

・肝性脳症

まずは代表的な症状として肝性脳症による神経的な症状があげられます。起き上がることが困難になったり、歩けるけど、ヨロヨロしたりする運動機能の問題が多く見受けられます。特にこうした症状は食後によく発症することがあり、反対に食べてない時間は落ち着いていることもしばしばあります。あとは、痙攣や発作、よだれが多く出るなどの症状があらわれることもあります。

・成長阻害

肝臓に流入する血液量(栄養)が減少することにより、肝臓が育たない(小肝症)という状態になることがよくあります。肝臓は内臓の中でも、最も大きく、重量があります。その肝臓が小さいままだと、全身がうまく育つことができず、体が小さいままということがあります。ある程度は成長できますが、大きくはならないというイメージかもしれません。

・嘔吐・食欲不振

状態が軽度の場合は、あまり症状は問題になりませんが、発見がおくれてしまったり、病状が進行してしまうと、肝臓へのダメージが大きくなり、嘔吐などの症状があらわれることもあります。嘔吐が頻回になってくると、食欲まで低下してしまい、救命率がさがってしまう可能性がでてきます。

診断

本疾患の厄介な点は診断にあります。完全な診断に至るまでは多くの道のりがあり、すぐに診断できるものではありません。

血液検査

血液検査はとても有用です。肝臓へのダメージが比較的よく見受けられますので、肝酵素値が上昇することがしばしばあります。ただ、肝臓の数値というのは本疾患でなくても、高くなることは多くありますので、あくまで診断の一助にすぎません。肝臓が悪そうだからといって、そのまま門脈体循環シャントであるとはならないのです。

あと、総胆汁酸(TBA)という血液検査項目の測定は非常に有効です。本疾患では特に高値を示す傾向にあります。ただ、これも上記同様で、診断の一助にすぎない点は認識しておく必要があります。

神経症状などが見受けられるときにはアンモニア(NH3)値を測定しておくことも重要かと思います。内科的な治療を考慮するうえで非常に大切な項目になります。

超音波検査

超音波検査では診断がつかないことが多いですが、明らかに血管の異常が多数ある場合は、シャント血管の発見に至る可能性があります。

CT検査

シャント血管の発見にはCT検査が一番有効だと考えられます。血管の走行を立体的に把握し、問題点を明確に描出することが可能です。特に血管造影という方法を用いて、血液の流れを確認することで確定的な診断につながります。

門脈造影

門脈造影という方法では血液の流れをレントゲンで確認することができます。診断というよりは手術の際に、補助的に実施するような形になりますが、視覚的にとらえることができ、有効な方法かと思います。

↑健常な門脈造影画像

門脈体循環シャントの分類について

シャント血管はおおよそ分類がされており、ある程度、その形などが決まっています。

・脾静脈ー横隔膜静脈シャント
・脾静脈ー奇静脈シャント
・右胃静脈ー後大静脈シャント
・脾静脈ー後大静脈シャント

などがその代表としてあげられます。診断のうえで、分類分けをしておくことは、手術をする際の重要な指標となりますので、必ず意識しておく必要があります。また、分類によって、症状が強くでるものや、あまり症状のないものがあります。

治療について

外科的治療

本疾患の根本的な治療は手術になります。手術方法も多岐にわたりますが、シャント血管をとめるという点では方法は同じになります。

・シャント血管結紮法
・セロハンバンド法
・アメロイドコンストリクター

などの手法を用いることが可能です。

これらの手術方法はある程度、術前に予測はしておきますが、門脈圧の動きや消化管への影響を考慮したうえで決定されますので、基本的には手術をしてみないと、どの方法が適しているかは判別することはできません。また、場合によっては手術を複数回に分けて実施する必要があります。

内科的治療

本人の状態がよくなかったり、経済的な理由、また、シャント血管が非常に多岐にわたるような場合は内科的治療を選択することがあります。内科的治療では基本的に体内に毒をとどめないように意識して、飲み薬を処方させていただくことが多いかと思います。

飲み薬で完全によくなるわけではありませんが、ある程度、症状をおさえることは可能かもしれません。